美容と健康!なりたい私のラプソディー

美容も健康も私基準で目指す自分へのラプソディー
MENU

ダイエットに大切なのは筋肉量の維持

美しくあるために

ストレスで食欲が落ち、ここ半年くらいで体重が7〜8キロ減ってしまいました。

 

ちょっとぽっちゃり気味だったので、体重計に乗るのがうれしかったりした時期もあったのですが、今ではかなり後悔しています。

 

 

私はずっと、ダイエットで痩せるというのは、「脂肪をなくす」ことだと思っていました。

 

それは大きな間違いだったと、今回のことで強く実感しました。

 

 

ダイエットで大切なのは、「脂肪をなくす」と言うよりは、「脂肪を筋肉に変える」ことです。

 

 

ダイエットは本気で取り組めば、それほど難しいことではないのかも知れません。

 

適切な食事制限をしながら、ウォーキングやスイミングのような有酸素運動を、自分に合ったペースで続けていれば、ゆっくりとでも着実に、健康的に痩せることができます。

 

もちろん地道に継続することの大変さはありますが。

 

 

それが私の場合、あまり食事をとることができず、長期的なダイエットをする際に大抵の方が経験する停滞期もなく、体重は日ごとに減り続けていったのですが、このときになくなったのは「脂肪」以上に、「筋肉」でした。

 

 

筋肉がなくなるというのが、これほどつらいことだとは、実際に自分が経験してみるまでは想像もしていませんでした。

 

とにかく身体が痛いのです。

 

肩こりや腰痛が悪化し、しょっちゅう首を寝違えるようになりました。

 

自分の身体を、自分の筋肉で支えることができなくなってしまったみたいです。

 

普通に生活しているだけでとても疲れます。

 

 

もともと筋肉量が多ければ、基礎代謝が高くなり、痩せやすい身体になります。

 

ダイエットをするときには、ただ食事を減らすだけではなく、同時に適度な運動を取り入れ、筋肉を維持するか、増やすことがとても重要です。

 

美しくなるためには、健康が不可欠だと思います。

 

私はこのことを心の底から実感しました。

 

乾燥に負けない潤い肌を目指す基礎化粧品シリーズ alqasim.org

 

保湿化粧品で乾燥に負けない肌へ

 

困った肌荒れを対処されていらっしゃるでしょうか?肌荒れの原因から効果的なケアまでがご覧いただけます。

 

確かな知識とスキンケアを採り入れて、肌荒れを快復させましょうね。

 

 

クレンジングだけじゃなく洗顔をする際には、なるべく肌を擦ることがないようにしてください。

 

しわのキッカケになる上に、シミの方まで色濃くなってしまうことも考えられるのです。

 

 

睡眠をとると、成長ホルモンなどのホルモンが増えることになります。

 

成長ホルモンに関しては、細胞のターンオーバーを推し進めてくれ、美肌に結び付くというわけです。

 

 

肌の内部でビタミンCとして作用する、ビタミンC誘導体が入った化粧水は、皮膚の油分を抑える働きをしますので、ニキビの事前予防に有効です。

 

 

本当のことを言うと、しわを消し去ることができないと断言します。

 

しかしながら、数自体を少なくするのはそれほど困難ではないのです。

 

それにつきましては、デイリーのしわケアでできるのです。

 

 

ホルモンの分泌が普通でなくなったり肌がたるんだことによる毛穴のブツブツを解消するためには、日頃の生活を顧みることが大切です。

 

そこを意識しないと、お勧めのスキンケアをとり入れても結果は出ません。

 

 

気になるシミは、どんな時も頭を悩ましますよね。

 

何とかして治したいと思うのなら、シミの実情に合わせた治療法を採り入れることが要されます。

 

 

肌の営みが通常に行なわれるように手当てを確実にやり、艶々の肌を目指しましょう。

 

肌荒れの修復に影響するサプリメントなどを服用するのも良いと思います。

 

 

皮膚に毎日付けるプリマモイストになりますから、刺激のないものが一番大事なポイントです。

 

調べてみると、皮膚を危険な状態にしてしまうトライアルセットも存在しているとのことです。

 

 

過剰な洗顔や適切でない洗顔は、角質層を損傷し、敏感肌もしくは脂性肌、かつシミなど多くのトラブルを引き起こします。

 

 

洗顔した後の顔から潤いが蒸発する時に、角質層にストックされている潤いまで蒸発してしまう過乾燥に見舞われます。

 

こうならないためにも、面倒くさがらずに保湿に取り組むようにするべきです。

 

 

紫外線については連日浴びている状態ですから、メラニン色素が作られないことはありません。

 

シミ対策をする上で大切なのは、美白ケア商品を使った事後処置じゃなく、シミを発生させないように手をうつことなのです。

 

 

敏感肌である方は、プロテクト機能が低レベル化しているといった意味ですから、それを補填するトライアルは、実効性のあるクリームではないでしょうか?敏感肌だけに絞ったクリームを用いるべきなので、覚えていてください。

 

 

重要な作用を持つ皮脂を取り去ることなく、要らないものだけを除去するというような、望ましい洗顔をすべきです。

 

それさえ実践すれば、諸々の肌トラブルも鎮めることが可能です。

 

 

最近では乾燥肌と付き合っている方は想像以上に多くいることがわかっており、年代を見ると、20〜30代といった若い女の人に、そういった風潮が見て取れます。

 

 

 

このページの先頭へ